ブログに関する説明 重要事項有り

このブログはコンピュータゲームに関しての各種情報を記載する事を主な趣旨としています。

・ゲームコンテンツのレビューや攻略情報、アップデートやDLC等の追加情報の紹介等

 

・ゲーミングの為の機材や周辺環境のレビュー(録画、配信と言ったポスプロ工程含む)

・ゲーム関連の業界動向等に関しての個人的な所感や考察等のコラム

当分は上記の様な内容で進行できればと思います。

 

留意事項

・当ブログでは可能な限り努めますがゲームに関する情報、特に最新のトピックス等に関して全てを把握できない可能性が有ります

・当ブログで掲載する内容には未確認や不確定要素の多い情報も多分に含まれます。ここから引用する場合の事後に関しては一切の責を負いかねます。利用者側の環境で再現を試みる際は他者様で提供されている関連情報などを併せて参照される事を推奨します。

・当ブログで使用する素材等に関してはカテゴリ的に他者の著作権管理下に置かれている種も含みます。当方を参考にしてブログを作成する場合、そちらが著作権の事項等に関して免責されるかの可否や、免責の方法に関して個別への情報提供は行いません。ブログ管理者が各自に置いて免責用件の確認や手続きを実施して下さい。

 

 

重要事項

・当サイトでは第三者事業(Googleアドセンス 楽天アフィリエイト AMAZONアソシエイト)による広告配信サービスを利用しております。

・広告の配信にあたっては掲載内容の最適化を目的としてCookieを使用する事が有ります

またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については以下をご参照下さい。

 

広告 – ポリシーと規約 – Google

ここで記載した内容と趣旨は

d.hatena.ne.jp

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.com

と共通となります。

 

 

 

 

【Minecraft】JE1.13アップデート リリース

f:id:kazutaka_ueyama:20180719125724p:plain

マインクラフトの大型アップデートである水のアップデート「Aqua Update」ですがこの程JavaEdithonにもスナップショットを経て正式にリリースされました。

リリースバージョンは1.13で有り事前の周知通りです。リリースのタイミングに関しては先週あたりに大体この時期にできればと言う事で情報が有った様です。

 アップデートの内容に関しては既に統合版にリリースされている内容を見ればまあ把握できるでしょうからここでは省略しておきます。細部では相違点があるでしょうからそれはまた追って取り上げていきます。水のアップデートに関してはBEからいち早く導入され、JEへの反映は少し時期が空く形となりました。事前では同時に近いタイミングでと言う事でしたが、やはりエディションも異なりますしJEは後回しになってもおかしくは無かったかも知れません。

 早速1.13で開いてみた感じとしては、水に関連するオブジェクトやエンティティが増えたため海中がぱっと見でも賑やかになりました。それから水中の見通し方も変わった様で、特殊効果等使わなくとも凡そ水底まで見通せる様になっています。これはBEの時と同じような変化です。 

f:id:kazutaka_ueyama:20180719132853p:plain

f:id:kazutaka_ueyama:20180719133000p:plain

マグマブロックやソウルサンドを使って上下方向へ水流を発生させるギミックはJEへのアップデートにも反映されております。よって水流を使用した装置等も同様に作成する事が可能と思われます。

 これを書いている時点でまだ全体を見渡しているわけでは無いんですが、BEのアップデートとの相違点として目に付いたのは水中にブロックを設置した際の挙動です。

f:id:kazutaka_ueyama:20180719134150p:plain

少し判りにくいんですが水中に欄干とドアを設置した様子です。水のアップデートでは水とブロックの関係にも大きな変更がかかっており、水とブロックが不自然に干渉しない様にと言う趣旨で変化する事になる筈でした。欄干に関しては干渉が無くっているんですがドアを設置した場合にエアポケットが出来ています。BEではこの様な現象が起きていません。BEで水のアップデートがリリースされた時の過去記事も貼っておきます。

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.jp

 

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.jp

 パフォーマンス面に関してはどうかと言う事なんですが、上記の写真にデバッグ情報が併記されていますので参照の上判断されたらと思います。描画距離は15チャンクで描画は処理優先モード、その他の設定は殆どデフォルトのままです。これを書いている時点では完全なバニラです(現時点ではforgeとoptfineに関して正式な対応版が有りません)当方で動かして見た限りの感想としては1.13になったからと言う事でのパフォーマンス面への影響と言うのは余り無いのかなあと。もっともこれを書くまでの間にPCのパーツ構成に変更を加えている事も有り、1.13以前の時とJEの動作環境が大きく変わってしまっているのでそこまで厳密な比較はできないです。

 MODに関しては上記で注記した他色んな種別が有りますが、そもそも注目を集めるような大型MODは殆どが1.7前後の対応で留まっているものが多いですから余り大きな期待は持たない方がいいでしょう。システム的なMODに関しては近いうちに対応版がリリースされるでしょうからそれを待ちたいと思います。

 1.13なってからワールドの管理画面で以前のバージョンで作成したワールドを読み込む際に関して警告表示が出る様になりました

f:id:kazutaka_ueyama:20180719142820p:plain

BEの時はこの様な注意書きが有りませんでした。当方の場合1.13を入れたゲームフォルダは元からいつ消えてもいい様な内容ばかりなので構わず進行しました。今の時点で生成に関して不具合の様な現象には遭遇していませんが、規模に関わらずアップデートが行われると既存のワールドに余り良からぬ現象が発生すると言うのはこれまでもよくある事でしたので、心配になる方は上記の指示の通り複製を作っておきましょう。

 とりあえず今回は以上となります。ネタになる様な内容はまだ出てくるでしょうが次回以降に書いていく事とします。

 

Update Aquatic is out on Java! | Minecraft

 

【雑記】ニンテンドークラシックミニファミコン購入

そういえば先月末あたりからミニファミコンが再販されていたのに気づきました。

 

ミニファミコンと言えば昨年位に入手を試みたんですがその時点では品薄で入手を諦めておりまして、後発のミニスーファミを先に入手する形となりました。

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.jp

 

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.jp

 今回はミニファミコンは再販に加えて、新たに週刊少年ジャンプエディションも併売されていたと言う事も有り、今回はそちらに注目が集中したのかなって言う事で、それから前回の時と違って今はNintendoSwitchが存在してるって事で注目もそがれる事になったのかどうかは定かでは有りませんが、ヨドバシカメラに立ち寄ってみたらまあ在庫はそろっていたと言う感じでした。蓄積されていたポイントを吐き出すにはちょうどいい相手と思い購入。とりあえず手短に購入の写真でも

f:id:kazutaka_ueyama:20180714214135j:plain

ミニスーファミの時もそうだったんですが本体の材質は実機と殆ど同じかな。確かファミコンの実機はまだ押し入れにもう死蔵半分で収まってかな。可能であれば比較もやってみたいですけどね。たしか実機のファミコンは当時20個ぐらいのソフトがパッケージされたセットが有ったんですよね(ミニファミコンとラインアップは違うけど)この写真がついているのが良い感じ。

f:id:kazutaka_ueyama:20180714215012j:plain

パッケージの形容なんかに関しては前回のミニSFCの時ともう同じ様なもので特に新しく付け加える事はないですかね。内包物に関しても価格相応と言う感じでぺらっとしたシートが入ってそれで以上と言うところ。

f:id:kazutaka_ueyama:20180714215615j:plain

それから初回出荷分でもう判明しちゃっているとは思いますがⅡコンのマイクがダミー何でしょう。前回出荷分からだと目に見える範囲で仕様面において変更が有るようには見えません。早速開封してプレイもして見ましたが当時のソフトを再現しているのだと思われます。グラディウスで例のコマンドも試して見たりなんかしましたが何の問題も無く。まあこういうのはお約束ですね。スーマリ1なんかでも壁のすり抜けとかの挙動も当時のままですね。-1面はまだ出せていないんですがこれも仕様通りで要領が良ければお目にかかれるでしょう。256Wに関しては普通の状態、と言うか通常の環境のままでは無理でしょうね。アレに関してこれで再現するにはハッキングが伴うでしょうから今ここで取り上げるには色んな意味で難しいですね。

 あ、そういえば仕様の変更は無いだろうとの事ですが、ファームウェアBIOSで有るとかマザーボードのバージョンで有るとかのデバッグに関する様な領域でどうなっているかと言うのは全く関知できません。ハッキングを試みる上でそういうのを知りたい人もいるでしょうが此処のブログでは今のところ守備範囲外になりますのであしからず。ゲームの仕様に沿った裏技なんかの検証も含めすでにYoutubeなんかで出回りますからそちらで待つのが早いですね。

   

そいえばミニファミコンと言えばコントローラですね。これに関して気になっている人も多いかと思うんですが、確かに実機に付属してのとは一回りぐらいスケールダウンしてます。プレイフィールはどうかってとこですが、まあ慣れでどうにかなるようなならんようなって感じです。

 タイトルにもよるかと思うんですがこの時代のゲームって入力にクセが有ったりもしますから。この点に関しては実機の付属品の仕様とほぼ同じで尚且つ着脱可能とする事により操作性の向上を図る余地が有るミニSFCが素直にうらやましいいところです。

 ファミコン(初期モデル)の実機も外部接続の拡張端子は有ったんですがミニファミコンではただのダミーとなっていますんでコントローラは増やせません。本機のラインナップの中には3人以上でのマルチに対応したソフトも有ったりするんですがハードの仕様がこうなんで遊び方に制限がかかっちゃってると言う訳です。まあ出荷時期によって仕様変更するわけにもいかないんでしょうが此処は最初からもう少し考えて欲しかったですね。

 

【Minecraft】水流エレベータの仕様が変わってます 1.6.0.5ベータ【BE】

 

BE版のマインクラフトですが正式版の方は水のアップデートの第二段階が1.5として既にリリースされています。このバージョンに関してはNintendoSwitchが一番乗りとなったようです。

Update Aquatic Phase Two is out today! | Minecraft

変更点に関しては後述しますが、今回(と言うかその前かも)から目に見えやすいポイントとして水の中におけるMOBの挙動に変化がみえる様になっております。さらにこれは水流のギミックの作成に大きな影響を与えています。今回はこれらに関してを中心に記述していきます。

 

 まず陸上でスポーンするMOBに関して、水中に入る(全身が浸かる程度以上で)と沈降していくようになり、浮力が殆ど無効になります。(主にアンデッド系)

f:id:kazutaka_ueyama:20180713010144p:plain

 それから水底で長時間とどまる内に種別が遷移変化するMOBが有ります。これはゾンビ系の事で、まずハスクの状態で水底にとどまっているとゾンビに、次にゾンビのままでとどまっていると最終的に溺死ゾンビに変化すると言う遷移が見られる様になると言うもの。

 

生息種別が変化する事に関してはプレイする上での影響と言うのはまだそこまでわからないんですが、浮力の効果が無くなる事に関して言えばこれまでこれを利用していた水流ギミックは殆ど機能しなくなる事を意味する事になります。

 掲示板等でもこれらに関しての書き込みが多く見られ、結構なリアクションの数を見て取れるわけですが、これに関して対処の手段は有ります。

 

 それは何かと言うとこういう事です。

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.jp

 こちらで最初に触れているんですが水のアップデートではプロジェクト名の通り水に関するメカニズムに色んな仕様的な変化が加わる様になってなっており、その中で特定のブロックに上方と下方に向けて垂直に水流を発生させる効果が付与されるようになっています。それがソウルサンドとマグマブロックです。今後のバージョンからはこれらが水流のギミックを制作するパーツとして利用するわけです。

 

 制作の方法として水流のタワーを作る場合、最下部にこれらのブロックを置いた上から水を流し込むとブロックの上方に水流が発生するので、それをMOBを運搬するための動力として利用するわけです。水流でMOBを運搬する場合、上に浮かび上がらせたい場合が殆どだと思いますのでソウルサンドを使う事になるでしょう。

 

f:id:kazutaka_ueyama:20180713010226p:plain

 試作してみればわかりますが、実際の仕組みとしては至ってシンプルで、しかも水流の効果もかなり上方まで効く上、浮力も強力で瞬く間にMOBを持ち上げてしまします。サバイバルモードだとソウルサンドの入手が少し面倒である他、これまでの水流装置は作り直しとなってしまいますが、一旦材料さえそろえばこちらの方が簡便に作れと思います。新規で作る場合はこちらの方がよろしいと言う事でしょう。