ブログに関する説明 重要事項有り

このブログはコンピュータゲームに関しての各種情報を記載する事を主な趣旨としています。

・ゲームコンテンツのレビューや攻略情報、アップデートやDLC等の追加情報の紹介等

 

・ゲーミングの為の機材や周辺環境のレビュー(録画、配信と言ったポスプロ工程含む)

・ゲーム関連の業界動向等に関しての個人的な所感や考察等のコラム

当分は上記の様な内容で進行できればと思います。

 

留意事項

・当ブログでは可能な限り努めますがゲームに関する情報、特に最新のトピックス等に関して全てを把握できない可能性が有ります

・当ブログで掲載する内容には未確認や不確定要素の多い情報も多分に含まれます。ここから引用する場合の事後に関しては一切の責を負いかねます。利用者側の環境で再現を試みる際は他者様で提供されている関連情報などを併せて参照される事を推奨します。

・当ブログで使用する素材等に関してはカテゴリ的に他者の著作権管理下に置かれている種も含みます。当方を参考にしてブログを作成する場合、そちらが著作権の事項等に関して免責されるかの可否や、免責の方法に関して個別への情報提供は行いません。ブログ管理者が各自に置いて免責用件の確認や手続きを実施して下さい。

 

 

重要事項

・当サイトでは第三者事業(Googleアドセンス 楽天アフィリエイト AMAZONアソシエイト)による広告配信サービスを利用しております。

・広告の配信にあたっては掲載内容の最適化を目的としてCookieを使用する事が有ります

またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については以下をご参照下さい。

 

広告 – ポリシーと規約 – Google

ここで記載した内容と趣旨は

d.hatena.ne.jp

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.com

と共通となります。

 

 

 

 

【マインクラフト】今後のアップデート情報【minecraft】

Minecon2017、少し見ていましたが日本では深夜の配信と言う事も有り眠気等も有って最後までは見ませんでした。

www.youtube.com

 

そのmineconでは次期の大型アップデートに関するニュースが発表された様です。

www.youtube.com

次期のアップデートは「水」にちなんだコンセプトで有るらしく、アップデートタイトルも「Update Aquatic 」となっています。

内容としては大雑把に述べると海洋関連のエンティティやバイオーム、MOBが追加されると言う事、またマイクラ世界での物理メカニズムとしての水流に関して変更が加えられるとの事です。

 

特に水流に関する変化がこの中では重要性が高いかと思われます。

変化の内容としては

現状:柵などを設置すれば水流を堰き止められる

アップデート以後:これら設置物から水流を遮蔽する効果が無くなり、水の流れを変える上での存在としてはほぼ無意味となる。(要は実際の物理挙動に近づく)

マイクラの世界に置いて水流の制御に関して変化が来るという事とで、水流を利用したギミックの制作に結構な影響を及ぼす事になると思われます。具体的にどの様な事例に当たるかはいろいろ有ると思いますが水流エレベータ等は影響を受ける代表的な一例になると思われます。種類の中には以後製作が不可になる可能性もあると思われますので、これからこれらを組み込んだ装置を必要不可欠なシステムとして組む(組んだ)方は要注目な項目になると思われます。

 

他の項目としてはかねてからアナウンスされていた新MOBの追加に関する投票も行われました。これに関して投票の結果「B」案で決定となりました。因みにB案は空を飛ぶ系のクリーチャーと言う事でこれだけはアップデートのコンセプトとは毛色が異なりますが、次回のアップデートで上記の内容と一緒に入る予定です。

アップデートの時期と対象に関してですが、時期としては来春予定、適用対象はJava版とBTU版となっているように見えます。CS版がどうなるかはちょっとこちらでは把握しておりません。

 

BTUの完成に関する情報はどうなっているのか、当方としてはこっちの方に関心が寄ってますが、NintendoSwitchのBTUエディションは来年にずれ込む他、高性能グラフィックパックも共に遅れてこれも来年以降と言う事で事前のリリースからいい方には変わらず。ちょっと残念。気長に待つ事になると思われます。

 

 

 

【minecraft】Minecon Earth 2017【マイクラ】

minecraft.net

年1回で開催されるマインクラフトのお祭りイベント「Minecon」が間もなくとなります。今年の開催名はMinecon Earth 2017となっており、日本時間ですと11/19(SUN)AM2:00 となっています。

 

もう他でも既報として出てはいますが今年のMineconでのメインイベントとして追加MOBの選挙が行われます。

Vote a new Mob into Minecraft! | Minecraft

現在新規で追加予定のMOBとしては候補が4種有る内ノックアウト方式で最後に勝ち抜ける1つで決定する様です。ここで選出されたMOBはどのエディションにも適用されるのだとは思いますが、アップデートのタイミング等は個別で異なりますから一斉に出そろうと言う訳では無いかも知れません。

開催方式として例年ですと開発者側とユーザー側から著名な存在(MOD開発者、ユーチューバー等)その他大勢のファン等が一堂に会してのカンファレンスと言う形が多かったと思いますが、今年度に関してはオンラインでのライブストリームに特化した形で実施されるようです。

 現在の時点で発表される内容の詳細は余り把握しているわけでは無いのですが、アップデートに関する事項としてはコンバットアップデートと呼ばれる項目が有るようで戦闘面に関する変更が何かアナウンスされるかも知れません。

 BTUの統合に関して今後の予定等がどうなるのか(NintendoSwitchへの適用など)も個人的には気になるところです。果たして今回だとどこまで新たな発表に期待できるかなんですが

『Minecraft: スーパー プラス パック』発売日延期のご案内 – Xbox Japan Blog

過去エントリでも少し触れてはいますが高性能シェーダーを含むオプションパックの発売延期が国内向けでも正式にニュースリリースされています。発売日は未定となっておりもしかすると年度内には間に合わないのではとも思わせます。このリリースがでたのが昨日あたりですのでMineconの席上でこのパックに関する吉報は期待しにくいですね。Mineconではサプライズな発表も有るとは言われているそうなんですが、これら抜きで何かクラフターを歓喜させるようなお知らせは有るのかどうか。

 

それからMineconの開催にあたってCS版やBTU統合版では記念品としてイベントにちなんだスキンパックが無償配布されています。

 これらの配布は期間限定となっていますので早めに入手されと言いかと思います。

 

 

 

 

 

【minecraft】Minecraft 1.2.6Betaリリース【BTU】

f:id:kazutaka_ueyama:20171110232955p:plain

マインクラフト(旧PE系)のベータに新しいバージョンが下りてきています。

この記事を書いている時点のバージョンは1.2.6となっています。

次のメジャーアップデートはver1.3となりますのでビルドの上がり方を見ていると段々と近づいて来ているようにも見えます。

ver1.3ではグラフィック関連の変更点もある様ですが、描画APIは最新のDirectx12に対応するとの事で、環境によっては描画関連のパフォーマンス面でそれなりに変化が出てきたりするかも知れません。ただ技術的に大きな変化が加わる時はまた不具合が併せて出そうな気もするので期待と不安が半々な気もします。

 

ところで、、、、

BTUのアナウンス時に大型の新要素として紹介されていた一つとして公式影Modとも言えるグラフィックパック「Super Duper Graphics Pack」が有りました。個人的にもこれを待望しているところでは有るんですが、

アップデート適応済みの Xbox One パッケージ版『Minecraft: エクスプローラー パック』『Minecraft: スーパー プラス パック』を発売 。『Minecraft: Xbox One Edition』所有者も無料で Xbox One 版『Minecraft』にアップデート可能 – Xbox Japan Blog

が、此処だけを読むと12/7のリリース予定となっていますが他の情報を併せみるとこれが延期になりそうです。どういう事なの

www.windowscentral.com

ここに書かれていますが北米版などのストアでは情報がアップデートされておりSDGPのリリースは早くて年明け以降となっています。そもそもSDGPはXboxOneXの発売に合わせてMinecraft(xbox/win10)に適用される、つまり本来であれば今頃には既にお目に掛かっている筈だったんですね。スケジュールの延期としては2度目となります。

www.microsoft.com

当方としてはPCのゲーム環境を改めて更新したいと思っていたところで、CPUとグラボの更新のどちらを優先させようか等考えておりました。更新のタイミングとしてはこれの導入に合わせてと思っていたところでもう少し吟味に時間をかけられると言えばそうでは有るのですが、今の環境からハードを増強させるとなるとjava版でハイクラスシェーダー入れた方が早いって事でこちらはどうでもよくにもなりそうです。あまりそういう展開は迎えたくも無いんですが。