ブログに関する説明 重要事項有り

このブログはコンピュータゲームに関しての各種情報を記載する事を主な趣旨としています。

・ゲームコンテンツのレビューや攻略情報、アップデートやDLC等の追加情報の紹介等

 

・ゲーミングの為の機材や周辺環境のレビュー(録画、配信と言ったポスプロ工程含む)

・ゲーム関連の業界動向等に関しての個人的な所感や考察等のコラム

当分は上記の様な内容で進行できればと思います。

 

留意事項

・当ブログでは可能な限り努めますがゲームに関する情報、特に最新のトピックス等に関して全てを把握できない可能性が有ります

・当ブログで掲載する内容には未確認や不確定要素の多い情報も多分に含まれます。ここから引用する場合の事後に関しては一切の責を負いかねます。利用者側の環境で再現を試みる際は他者様で提供されている関連情報などを併せて参照される事を推奨します。

・当ブログで使用する素材等に関してはカテゴリ的に他者の著作権管理下に置かれている種も含みます。当方を参考にしてブログを作成する場合、そちらが著作権の事項等に関して免責されるかの可否や、免責の方法に関して個別への情報提供は行いません。ブログ管理者が各自に置いて免責用件の確認や手続きを実施して下さい。

 

 

重要事項

・当サイトでは第三者事業(Googleアドセンス 楽天アフィリエイト AMAZONアソシエイト)による広告配信サービスを利用しております。

・広告の配信にあたっては掲載内容の最適化を目的としてCookieを使用する事が有ります

またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については以下をご参照下さい。

 

広告 – ポリシーと規約 – Google

ここで記載した内容と趣旨は

d.hatena.ne.jp

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.com

と共通となります。

 

 

 

 

【minecraft】マイクラ 10周年記念日

兼ねてからアナウンスされていた通り、マインクラフトの生誕10周年記念日となりました、でいいのかな

www.minecraft.net

日時についてなんですが、日本時間なのか現地時間なのかで少しややこしいとは思ってました。今回は日本語ページも有ったんですが、なんか日時の設定については日本の時点に合わせてなかったのでは無いかと

そしてです。

www.minecraft.net

これもチラ見せで事前ニュースが有りましたがマインクラフトのARアプリが正式に発表されました。その名はMinecraft Earth まだ紹介を見ても具体的なプレイフィールは把握が難しいのですが、屋外でのロケーションからもポケモンGOのマイクラ版を思わせます。

www.youtube.com

アプリのリリースは今夏の予定となっており、アプリ自体は無料らしいです。専用ページでは既にクローズドベータの募集も始まっています。今夏と言うのを具体的に想定するとおおよそ7月ぐらいと見てよろしいのでしょうか。対応環境として現時点で判明しているのはAndroid7かiOS10以上となっています。気になるのは泥機の方ですね。最近だとどうかわからないんですがキャリアモデルとかだとアップデートの対応で引っかかる事が多々あってこういう時に懸案になってくるんですよね。特に中古店とかで見かける2世代以上前だと他のスペックでは充分でもOSのバージョンが打ち止めになっていて新たなアプリを試す上で障壁となる事が少なくないです。

 AR技術を使うアプリと言う事でセンサー等の対応も気になります。まだ具体的な記述は発表されていないのですが、おそらくはポケモンGOの仕様で求められるそれとほぼ同様では予想されます。正式リリースまでにはまだ時間を要する段階で有り、仕様に関しては途上で決定や変更が行われていくものと思われます。これはもうこれから随時チェックしていくしか無いとは思いますが、特にOSのバージョンは注意は必要です。上記でも書きましたが、Androidだとアップデートの対応状況は機種にやモデルにより全く異なります。安さを優先するために型落ち品を買う場合は特に注意が必要になります。個人的にはOSのサポートがわかりやすいiOS端末をおすすめします。ポケモンGOが出たときの様に対応端末の情報提供がにぎわうかも知れません。

 ところでAR技術を使うアプリと言う事で、予想される懸案としては安全面ですね。ポケモンGOの時も何かと騒動にはなりましたがあのような事がこっちでも起こらない様にと思うばかりですがどうなるでしょうか。FAQページでは安全対策も有りますとは書かれています。おそらく中の人もポケモンGOで巻き起こった様々は有る程度は知っているでしょうから当然の事として、いろいろな策を考えているものとは信じたいですね。ポケモンと同様こちらも様々な層のユーザーが有りますから、良くも悪くも小さくない影響力が有ります。是非とも万全の程を願うばかりです。

 

 さて10周年を期しての重大発表は予定だともう一つ有るようです。そちらは有力な事前情報が無かったので何になるのかなと言う感じです。これを書いている時点で具体的な発表は行われているのかはわかりませんがどちらにしてももう一つのニュースに関する話題はエントリを分ける事となりますから慌てずに待つ事としますか

マイクラ生誕10周年記念セール

このブログでも直前のエントリ等で少し触れていたりはしましたが

www.minecraft.net

マインクラフトはこの度5月17日に10歳の誕生日をむかえる事になります。5月17日の当日には何やらサプライズが予定されているようですが、現時点でも既に前祝ともいえるイベントがあります。

classic.minecraft.net

まず、初代マイクラと言うべき初期バージョンがブラウザゲームでプレイできる様になっています。

f:id:kazutaka_ueyama:20190511212304p:plain

バージョンは0.0.23a_01です

イクラは元々がレトロチックな外面なので、最新(JE)と見比べても大きな違いを感じとりにくいかも知れませんが、動かして見たところフレームレートがかなり出ています。因みに設定では描画範囲は最大です。上だけ見るとスクショを割り取った影響が出ているのですが、余計な負荷が無ければ描画FPSは300を軽く超えています。ここでプレイしている環境は専用GPUが無い中古のノーパソで、Optifineを入れてもJEを快適に動かせるとは言い難いのですが、やはりパフォーマンスに関しては時代の流れを感じます。ブラウザゲームと言う事でどれくらいハードの性能に依存するかはわからないんですが、最新バージョンのJEを動かすよりはかなり裾野の環境にも選択肢は広がるのでは無いかと思います。ただ現在に比べて操作系に細かい差異が有ったりしますので、フィーリング面において慣れが必要になるかと思われます。今と比べるとホントに原始的なんですが、いろいろ工夫をするとそれなりに楽しめるのでは無いかと思います。

次にマイクラに関するセールが開催されています。セールの主な内容として、まずマイクラのソフト本体が各エディション毎に、これにはDLCコンテンツパックも含みます。

www.jp.playstation.com

ec.nintendo.com

www.xbox.com

それからマーケットプレイスのコンテンツが最大10%OFFの他、無料での配布ワールドも有るようです。

marketplace.minecraft.net

www.youtube.com

それから公式グッズショップでは25%OFFです。

www.minecraftshop.com

無料の配布ワールドは何かのイベントの度に定期的に配信されていますが、どれもクオリティが高いです。今回配布されているのもまた期待できそうです。17日の10周年記念の本番も待ち遠しいところです。

 

【minecraft】1.12.0.4ベータ【BE】

マインクラフトに新たなベータがリリースされました。

feedback.minecraft.net

今回のビルドも新要素の追加として特筆すべき内容と言うのは無く、これまでからの仕様変更や修正がメインとなります。

 主な変更/修正点としては、襲撃イベントの際に鳴り響くホーンの音量が大きくなったという事と、スタートホーム画面でのパノラマ背景が水のアップデートから村の

アップデートに因んだものになったという事でしょうか。

f:id:kazutaka_ueyama:20190510232219p:plain

さて、GW前にリリースされた村のアップデート。やはり変化としてはかなり大きかった様で各所での反響も様々な様です。当方もYoutubeなどで有名な人の配信動画などみてたりしますが、なかなか戸惑いを見せている様子が伺えて、絵としては面白い内容に出来上がっているのは配信の当事者として本望だったりするのかなと思ったり。

 それで今回のアップデートに関しては微力ながらこのブログでも取り上げてきたわけでは有るんですが、変化として村が生成の基礎から大きく変わっているのを改めて認識させられる事にもなりました。

f:id:kazutaka_ueyama:20190510233315p:plain

f:id:kazutaka_ueyama:20190510233441p:plain

上の写真を見比べてみてもらえるとわかると思うんですが、この2枚は同じシード値で生成されてワールドで同じ地点から撮影しています。地形はほぼ同じなんですが、村の有無が大きな相違として見受けられます。2枚とも現在最新のバージョンで実行されているのですが、生成された当時の時期が異なっています。村が見える下の写真は村アプデが来る前の時点で開始、上の写真はアプデ後に開始されたものです。アプデ前に生成されていた村はアプデ後に同じ位置で再生成できない可能性が高い事を示しています。

 アプデ前に生成済みの村に関しては、バグ等が無い限り存在は継続します。その為今まで村の生成が置き換わっているのを実感する機会があまり在りませんでした。

 実は写真に撮った以外にも他のシード値等でも、最新バージョンでの村の生成を確かめて見ましたが、見事に生成の位置が変更されている様です。完璧に検証を尽くしたわけでは無いですが、影響として小さくは無いと言うのは充分に実感できます。

 尚、写真を見てもらえるとわかりますが、アプデ前に生成された村に関してはアプデを経ても意匠が変わらない事から考えるに、アプデ後の村の仕様が適用されてはいないものと思われます。村人に関しては行動や職業に関する仕様がアプデに伴って変更されています。アプデ後では村人の村を認識する機序についても変更が適用されているはずなので、村人は旧バージョンの村について余り認識をしてないと言うか、アプデ前の様に同じ認識を保っていない可能性は有ります。これを書いている時点だと、もう既に各所において検証が進んでいるとも思われるので検索で調べてもらった方が早いかもしれません。

 と言うわけで統合版に置いて、神シードとは言わないまでも大きい村が密集しているとかで重宝される様なシード値は色んなところで特集されていたりもしますが、今の時点に置いてはもはや約に立たないとなっている可能性が少なくないです。これまで旧PE版などから始め、アップデートが重ねられてきたわけですが、同じシード値においては多少の差異を無視すれば村の生成に大きな変化は見られませんでしたが、今回はそもそもからして村関連の在り方を変えると言う趣旨のアップデートで有り、村の生成に関してはほぼリセットがかかっていると言っていいのでしょう。当方もこれまで統合版において大きな村がある様なシード値を何度か控えていたのですが、今回検証してみると殆ど跡形を残していなかったです。まあ事前の予想が難しかったわけでは無いんですけどね。

 そう言うわけで、統合版ユーザーの皆様に置かれましては、旧バージョンでのおすすめシード値等を引き続き使用されている場合はクラッシュなどでデータを損傷してしまうと、もう2度と同じ内容でのワールド生成を再現できないと言う(可能性が高い)ことで、バックアップに関して今一度検討の程をお奨めします。NintendoSwitchに関しては、統合版に移行後のデータ保持の安定性に関して不安定要素を匂わせる様な情報を見かけます。真贋はわかりませんが、Switchの場合はハードの仕様上バックアップの方法等に関して他のハードでの方法をそのまま適用無い場合も有り、選択肢が狭まってしまう可能性が有るので、特に慎重な取り扱いが肝要になります。

 でまあそういう訳で、このブログに置きましても大きな村が見つかりやすいシード値とか言った内容を過去何度となく取り上げた事があるのですが、アップデートが適用された現在では内容の保証は特に難しいと言う事を改めてお知らせとして、今回はここで〆です。