【Minecraft】アップデートに関して

マインクラフトの公式開発チームが次のメジャーアップデートである「Caves&Cliffs」(洞窟と崖)に関する重要な事項をこの程発表しています。

 

www.youtube.com

詳細は動画で述べられているわけですが、アップデートの予定に関して変更(延期)との事です。時期としては大別として2回が予定されております。内容としてはMOBやアイテム等の追加をメインとして1回目、ワールドの地形生成に関する変更を2回目として実施するようです。1回目は今夏、2回目は本年のホリデーシーズンとの様です。ホリデーシーズンと言うのは年末だと言うことでしょう。

 今回の決定に至る理由として当初の予定通りに全ての要素をリリースするとなるとクオリティーの維持が難しいとの事です。今回のアップデートには洞窟や巨大な雪山と言った新たなダンジョンや地形の追加の他、世界における高さ制限の緩和と言った内容が含まれています。雪山等については、既にスナップショットやベータ版等で披露されている内容でご存知の人もおられるかとも思われますが、これらは世界の根幹に関わる領域での変更で有り、テクニカルな負荷を考慮しなければならない様です。マインクラフトの中の人としてはあくまでも、これまで作成済みのワールドデータ、それこそ何年前に作成されたものでも更新によって悪い影響を受ける事無く、使用を継続できる事を目標としている様です。*1特に統合版の方となると、対象の機種によってパフォーマンスの結果に幅が出来てしまいますから特段の考慮が必要にもなります。よって世界生成をリリースに含めるに当たっては工数を多めに見積もる事で万全を期したいとの事です。

 

 それから当初の予定でリリースとした場合、上記での通り開発は繁忙を極めるわけですが、これは即ちスタッフのオーバーワークを呼び込む事となります。公式発表としてこれらの様な状況は回避したいと言う事も同時に事由に含められていました。著名な大作ゲームの中には後年になってスタッフの労働環境が問題にされる事が多々あったりする事も有るわけですが、穏健な労働環境の維持を理由に含むと言うのはごく当然の様に見えてもそこまで多数な事例とは言い難い現状が有ります。こうした内容が発表に含まれる意義と言うのは改めて注目されても良いのでは無いかと思います。

 もはや此処だけに限らないかとは思いますが、未だ世界中で蔓延しているパンデミックの影響も無視できない様です。有事以前の状況とは同様の環境を確保できないようです。これを書いている時点で本邦に置いても、また状況がきな臭くなっていく兆候を感じる今日この頃です。今回発表の内容のストーリーで順調に進行する事が出来るだけ幸い極まりないと言う事にもなるのでしょうか。

*1:尤も、アップデートの度にデータを作り直す羽目になるのは初めての事態と言うほどでも無い様なとは、、

【雑記】近況について【私信】

さて、こちらは前回の記事から少なくとも2か月は経過しているものと思われますが、近況はどうなんでしょうか。

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.jp

 これまでの間、このブログで取り扱う様な話題には殆ど目もくれていなかったもので、こちらとしてこの度はPC関連の環境を更新しようと思い立つ事となり、少し下調べを進めていたところです。それで目星をつけた機材の調達が凡そは決まる運びとはなりました、、、

 

ビデオカードが、、、

当方としてこんな筈ではニュースと言うのは多々あったのですが、筆頭に挙げられるのはビデオカード(又はグラフィックカードと言うか)の高騰&品薄でしょうか。

ネットのニュースの他、リアルでの店舗行脚でも見まわした通り、ホントにこの類の機材を円滑に入手するのは困難を極めています。何故この様な事になっているのかと言うのは少なくとも複数の要因が絡んでいるのですが、特に世界的な半導体不足と言うことでしょうか。多様な分野でのハイテク需要の高まりと言うのは色んな媒体でのニュースで報じられている通りです。国内でも半導体工場での火災事故に伴う操業停止が2件程相次ぎ、混迷を加速させそうです。そしてこれを好機とばかりに本来の消費とは異なる目的での大量購入者の横入りが相次ぐわけです。

 ビデオカードのに関しては現行モデルが軒並み刈り取られる事となりまして、2世代ぐらいまでの下位モデルまで相場が高騰しております。ビデオカードに関しては文字通り今は時期が悪いとしか言いようが無いです。そしてこの状況は収束の目途が読めません。因みに店舗での買い取りやネット売買の取引相場も比例して上がっており、まるで貴金属を思わせる様な様相を呈しております。まあ資産性を見出す事ができると言うのは悪い話では無いとは思いますが、目下の状況では新規や追加での入手が困難ですので手元に所持しているビデオカードはおいそれと手放す気になれません。

インテルの第11世代CPUてどうなのって 

それで当方としまして、PCの環境に関しましてはCPUと母板の更新を進める事としました。んでCPUに関しましてもそこまで動向を調べておらず、当方が更新を思い立った時と言うのはIntelの世代更新が差し迫っていたときでした。

www.bcnretail.com

うーん、そうですねえ。最近のニュース調べている限りだと世代更新に伴っての特筆すべき性能向上と言うのが有るかどうかと言う事で、少ない気乗りの中でこちらを選択

ark.intel.com

paypayモールの特売日の中で特別ポイント還元で売られているとのを見かけましたので購入で決定。(これを書いている時点で既に間に合わないかと思いますので直接リンクは貼りません)

CPUに関しては従前の環境で8世代のcorei5-8400を使用しておりました。それで特別不足を感じていたと言う事ではなかったので飛躍したクラスを欲する必要はなかったと言う事も有り、当初は1世代前の10400でいいだろと思っていたのですが、予め入手していた母板の仕様上の都合で、11世代のCPUを載せないと2基搭載されているM2スロットの内1基が死んでしまうとの事で、それならCPUも最新で行くかと言う事にしました。

 

 CPUに関しては内蔵GPU無しのモデルだとグラフィックカードが使えなくなった時の代替えの手段を考えると選択が難しいです。単体カードの入手が難しい昨今だと猶更。今なんて映像出力するだけと言う用途に応える様な下位モデルでも高くなっています。内蔵GPUの差額と言うのはそれらに比べると大した負担にはなりません。PCの環境自体なら今でも2台は手元に用意できますが、(それで今もブログを書いたりしています)これから入手するCPUを載せる環境に関してもいつでも活用できるようにはして置きたいですから。

  CPUに関しては現時点で流通解禁日を迎えていませんので入手は後日となります。当方の都合上実際に稼働するのはそれからもう少し日を置くこととなり、さらにブログに感想等を述べるのはさらに日が開くのではと思われます。CPUに関しては解禁直後に各所で詳細なレビューが出回ることでしょうからそちらに期待してもらうと助かると言うのが正直な思いです。

 それにしてもPCでゲームを満喫していたと言うか、これからもと言う人たちに置いてはちょっと受難な時期では有ります。コスパだけで行けばコンシューマのゲーム機の方が圧倒する展開なんですが、どうやらそちらのカテゴリも入手難の気配が伺えるようで、、、

 

 

 

【Minecraft】RTX対応のリリースパックが有りました。【RTX】【NVIDIA】

f:id:kazutaka_ueyama:20210108220123p:plain

BE版のマインクラフトでリリースされているRTXコンテンツですが、NVIDIAの公式サイトにレイトレーシング対応のリソースパックが用意されていたのに気づきました。

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.jp

 Minecraft RTXは去年の春先からベータがリリースされていますが、これまでレイトレーシングの機能を試すにはNVIDIA謹製の配布ワールドを導入する事が前提となっていました。リソースパックが配布される事でMinecraftでのレイトレ機能がスタンドアロンで提供される事となり、任意のワールドで導入できる事になりました。

www.nvidia.com

上記のリンク先から中段部にNVIDIAおよびパートナーリソースパックと記載された段落内にリンク先が有り、ダウンロードする事ができます。

nvidia-pbr-example-texturesets-pixelart-0.9

と言うファイル名がそれです。ダウンロード済みのファイル名をクリックするとMinecraftが起動と同時にリソースパックが読み込まれます。

f:id:kazutaka_ueyama:20210108214128p:plain

任意のワールドを起動する際の設定でリソースパックを反映させる事が出来るはずです。

f:id:kazutaka_ueyama:20210108214351p:plain

f:id:kazutaka_ueyama:20210108214532p:plain

f:id:kazutaka_ueyama:20210108214746p:plain

 

kazutaka-ueyama.hatenablog.jp

 以前にレイトレーシングを試したときに比べて幾分かは軽くなっているのかなあと言う気はします。後テクスチャのベースが変わっているのが目にわかる事からも構造的に変更は加わっているのだろうと。

 なお参照先では実験的なリソースパックがさらに2種用意されているとのことですが 、これは最新のMinecraftバージョンに最適がなされておらず不具合の可能性が大きくなるとも書かれています。基本的には今回紹介したパックで試すのが無難かと思われます。(もちろん今回のパックでも何かが起こる可能性が有ります)

マインクラフトでのレイトレ機能が正式の実装なるのはいつになるでしょうか。おそらく現在も広がる世界的な疫病の混乱に巻き込まれる事で当初の予定よりは計画が狂っているだろうとは思われます。

【Minecraft】残念なお知らせが、、、

f:id:kazutaka_ueyama:20210107210018p:plain

さよなら、、、

新年になりました。少し遅くはなりましたが、新年のご挨拶代わりに何か書こうと思っていたら少し残念な話題を目にしてしまいました。

 

www.itmedia.co.jp

 

japanese.engadget.com

 

japan.cnet.com

ARマイクラ、またはマイクラGOこと、MinecraftEarthですが、この度サービス終了の運びとなる事が突如発表されてしまいました。

 理由としましてはまあやはりと言うか去年から世界を巻き込んで今なお猛威を奮っているパンデミックの影響だとの事です。屋外でプレイする事を前提としたゲームデザインは目下の世界情勢の中では最適化が困難と言う事でこれ以上のサービスが継続できないとの事です。

f:id:kazutaka_ueyama:20210107210325p:plain

 サービスの終了日は今年6月30日と予告されており、終了日の到達と同時にサービスは停止される他、新規のダウンロードは勿論の事、アプリの使用も一切が不可能となる様です。今回の終了宣告と時を同じくして最後のアップデートも実施され、未リリースも含めたアイテムや要素のアンロックが行われる他、課金要素の撤廃やゲーム内通貨の入手等において優遇措置等が実施されます。アプリ内で課金済み等の場合はBE版が提供される他、ゲーム内通貨を所持している場合はMinecraft本編のMinecoinへの引き換えが可能になり、ストアコンテンツの購入に充てる事ができるとの事です。

f:id:kazutaka_ueyama:20210107210616p:plain

 しかしそれにしても残念です。このジャンルの先駆者であるポケモンGOは同じ状況下でもサービスが健在と思われ、ポケモンGOに対抗すべく頑張って欲しかったんですが、ゲームの根幹で似て非なる部分が有った事で行く末が分かれてしまった様です。

www.minecraft.net